前回同様アウトプットしていきます。

 

自分がどこまでできるかの確認

分かりやすく言語化

成果物

 

というところで作っていきます

 

今回から少し複雑になりますが極力分かりやすい言葉で!!

 

 

変数

 

言うたら値がコロコロ変わるものです。

数学でいうXです。

 

3が表示されます。

この時気をつけたいのが= はイコールではなくて

右辺を左辺に代入するよ〜

って意味合いです。

 

今の所重要さが分かりませんが大事らしいのできっちり抑えましょ〜。

 

変数を使える場所

 

変数は便利なのですが使える場所使えない場所が存在します。

 

上を見ていただけるとわかるのですが

変数を定義した以降で使うことができます。

 

変数が便利な理由

 

・要素の繰り返しの利用

・変更が簡単

・何の要素を示すか分かりやすい

 

の三点が主な理由です。

 

学習されてる方ならわかると思いますが

変数で指定しないと間違えていた時に直すのが非常に面倒ですよね。

 

 

変数を使わない場合

 

変数を使った場合

 

何が記述されているのか分かりやすいというのは

 

下のような表記になてしまってると分かりにくいっすからね。

 

値の変更

 

定義を再定義すると前の定義したあたいは消えてしまいます。

 

 

数字に関しても同じ事が言えます。

 

変数に対して値を代入する

 

自分自身に対して数値を入れたいとき

 

 

またこの表記の仕方には短縮形がありまして〜

 

 

こういう短縮の仕方です。

 

変数を文字列に含める

 

変数を文字列に入れようとすると少し特別な手続きが必要です。

 

 

ダブルクオーテーションの場合はきちんと変数として認識されるのに対して

 

シングルクオーテーションの場合は文字列として認識される。

 

数値を文字列と連結しようとした場合

 

 

今回はこんな感じですかね。

自分おやりたい事を実現するためには時間がかかりますが

やる気が燃え尽きる前に行動したいです。自分は。

 

なので前倒しの行動がやっぱ大事っ!!

 

おすすめの記事