投稿内容を変数に代入

 

 

erbファイルの中ではrubyのコードを埋め込むことができます。

 

この際に<% %>で囲む必要があるというのがポイントです。

 

これで中身の

post1 = "今日は華の金曜日"

 

が埋め込まれました。

 

後は埋め込んだ文字列をブラウザで表示させるだけです。

 

 

何が違うかというと

最初の%に=がついちゃいました。

 

たった

<% %>

<%= %>

 

の違いだけですが

埋め込むか、表示させるか全く意味合いが変わってきます。

 

each文で表示

 

先ほどの埋め込みの仕方では

変数ごとに埋め込みを実行して、表示してを繰り返さなければなりませんでした。

 

けれどもeachを使えば埋め込みだけで表示がされます。

みていきましょう。

 

先ほどのやり方の場合は

 

 

の形で毎度毎度表示のために<%= %>

を書かなければなりませんでした。

 

では簡単にするために

each文を使っていきましょう。

 

 

このようにeachを使うことで

posts内の要素が全て表示されます。

 

アクション内で定義する

 

基本的に変数はアクション内で定義します。

html内では定義しないようです。

 

で、アクション内で定義する際に気をつけるのが

を変数の前につけることです。

 

これはアクション内と同様

html内でも@をつけることを意味します。

 

アクション内

 

で表示してあげます

posts変数の前に

@をきちんとつけてあげましょ〜

 

でhtml内でも

 

 

という風に@をつけます!!

おすすめの記事