社会人一年目の先輩と久しぶりにお会いしました〜

その時のお話を少しすると...

 

Hさん
Aさん。お久しぶりです〜
社会人一年目どうですか??

先輩
なかなか一年目は大変やで。
人間関係も馴染めんかったら難しいし、お金も切羽詰まるし。。

Hさん
人間関係も一からですもんね。でも先輩なら持ち前の明るさで!!
生活も切羽詰まる!?お金ってどれくらい残るものなんですか?

先輩
学生時代と比べて、かなり少なくなった感はあるよ。
奨学金も返さないといけないし。。。。
きつい人生だわ。あ〜筋トレしよ!!!
結構ポジティブな先輩も辛酸を舐めているようでした。
そこで疑問に思ったのが、

どれ位の給料が手元に残るんだろうという素朴な疑問でした。

 

調べていく内に、ある程度心構えをしておいたほうが良いことが....

初任給を20万円ボーナスを30万円の計270万円の年収で計算してます。

 

続きは以下の目次から!

 

市民・県民税 

 

前年度の所得に対して10%が加算されるので新卒の一年目は気にすることはないです。

けれども来年からはかなりの傷を追わせにくるでしょうね。

恐ろしや。

社会保険料

社会保険料

・健康保険料10%

・厚生年金保険料17%

これらの合計を会社と折半

なのでだいたい給料の14パーセント28000円くらい

 

所得税

これは現行の法律で決まっているものですが、
所得税
所得195万円以下         5%  控除額0円
所得195万円を超え330万円以下 10% 控除額97,500円
所得330万円を超え695万円以下 20% 控除額427,500円

 

初任給20万円(プラスボーナス)だとすると社会保険料を引いた額(270万円から社会保険料1月分28000に12ヶ月を掛けてだいたい236万円

 

から控除額の10万円を差し引いた額(226万円)に10%をかけた額(22万円)が所得税額

つまり204万円が税引後手元に残るお金です。

 

つまりこの204万円が1年間に使える最大の額ということになります。

 

 

ここからまだ固定費が残ってるので減るに減りますよ〜(笑)

ご覚悟!

 

固定費

先ほど計算した204万円

 

から固定費と呼ばれる生活するに必要な一定の出費を引いていきます。

 

固定費

・家賃 6万円

・水道光熱費 1万円

・インターネット・通信費 1万円

・保険料 1万円

合計9万円

 

を差し引くと204万➖(9万×12ヶ月)=96万円

 

またここから食費や交際費、生活費、日常品などに必要なお金を使うとなると残りの額はかなり少ないです。

 

一人暮らしなのでスーパーで毎月食材購入(2000円くらい)しますが、月に8回買い物に行けば16000円

 

また勤務時のお昼を食べるとすると一回の食事平均して700円だとすると20日あるとすれば14000円

合計で月3万なので

 

3×12で36万円

 

96-36で60万円

 

月に5万円を下回りますね。シビアすぎます。

 

先輩が筋トレをしたくなる理由もわかります。

 

抑えるポイント

 

ポイントとなるところをまとめると

 

税金関係

これはどうあがいても変動しないので最初のうちは無視ですね。

考えても法律で利率が決まってるので無視です。

 

家賃

仕事場まで実家から迎えるならば必ず実家が良いにした方がいいです。

もしくは彼氏、彼女がいるなら同棲して支払いを折半するなど。

 

固定費が1番の出費原因です!

毎月6万円と3万円だと年間で見ても36万円も違います。

うまい棒で例えるのは疲れるので

スタバのコーヒーで例えるとドリップコーヒーおよそ300円が1200杯飲めますからね。

4年分飲み放題です。

 

通信費

これは必ず考えるべきで、テレビの通信費とスマホやwifiの料金は考えましょ〜

 

テレビをどれくらい見ているか。見ていないならもう部屋に置くことをやめましょう。

時間も奪われますし、お金も吸われるしで勿体無いです。

 

スマホの費用は格安simで極力抑えましょう。

もちろんサポートが手厚い大手キャリアもありですが、働くようになってそこまで使うかっていう話です。しかも今の20代なら検索能力に長けているので、googleで調べれば大概の解は調べれば出ます。

 

 

2ヶ月くらい前に紹介しているLineモバイルは乗り換え推奨です。

InstgramもTwitterもデータ容量食わなくて毎月2000円以下で使用できるのでおすすめです。

LINEモバイル

まとめ

 

だいたい社会人一年目で自由に使えるお金は

 

5〜7万円のレンジ(個人による)

 

自由に使えるお金増やしたいなら固定費削れ!!

 

 

 

お金の話大好きなので、小ネタあればどんどん投下します。

 

 

iDeco、暗号通貨、株、国債、保険などの記事も書いていきますね。

今後の生活に関わることなので日々勉強してアウトプットし続けます。

 

アウトプットは身に染み混むものなので、継続が必要ですが、やってる人とやっていない人では徐々に差が開き始めますよ。毎日コツコツを大事にしましょ。

 

View this post on Instagram

 

Shogo Ishidaさん(@issiysan)がシェアした投稿 -


勉強してるけど、あまり身についてないなと思ってる方は手にとってみては?

 

アウトプットの重要性が分かり、今にも行動してみたくなるはずです。

 

今回、新卒の時に使えるお金を増やすという記事でしたが、自分もどういう理由でいくらのお金を国に納めてどれくらいのお金が残るのかが分かりスッキリしました。

 

お金については

  • 何でも
  • 誰にでも
  • 分かりやすく

 

説明できるようにします。

 

おすすめの記事