どうも、Hさんです。

 

最近やたらうるさくこいつ呟いてんなと思われがちですが、一生こんな感じになると思います。呟きマンになりますね。

 

今日はを読むことの重要性について話したいです。

小さい頃は読んでたけど今どう?

読んでる?

 

自分は読んでなかったです。

でも本読むことって改めて大事だなと社会人になる年22になって改めて感じましたので今回はについて書きます。

 

本活推奨しま〜す。

 

どうして本を読むようになったか?

 

3つの視点から本読んだ方がいいなと思うようになりました。

 

友達に影響受けて

 

シンプルにを読んでる人の方が頭の回転早くて。話にも論理性がきっちりあって。それなんでかな思ってたんですけど、しっかり言葉を理解してる。

 

だったら自分も読もっかなっていう単純な動機です。

 

読んでる人って知識表現方法が自然と頭の中に入ってきますので、何かと頭がいいと思われたり、知的に見られたりしそうでシンプルにカッコいいんですよね。もちろん読むことで力はついているんですけどね。

るってぃさんに影響受けて

 

最近、ジョーブログより面白いなと思っている

「プロ無職」という肩書きを名乗っているるってぃさん。

 

この方がある投稿でこんなことを言ってました。

 

 

僕自身、人に影響を受けがちですが、これは理にかなっているなと。

 

を読むことで自身の発信力を高めたり

何より

「最高の言葉と出会える」ってとこに、嬉しさを覚えました。

 

を読んでいないとなかなか新しい言葉って増えないです。

人生の幅を利かせて新しいことをしたい、見たい、知りたいっていう自分にとっては必要な作業だと思ってます。

 

言語化しようと思っても、非常に少ない語彙だと表現が乏しくなってしまいますからね。

 

昔の自分の体験談

 

これは小中高での体験談になりますが

定期的に朝のホームルーム(言い方に懐かしさを覚えます)の時に

読書をする時間ってありませんでしたか?

 

僕の学校はあったんですけど、その読んでる時期は国語の成績が上がってました。国語は昔から今もずっと苦手ですが、なぜか読書している時には自然と文字がスラスラ頭に湧いてきてました。

 

は脳みそにプラスの影響を与えていると思います。

特に言語的な機能の部分に。

 

感覚的でしか、無いですがそう感じている人は多いはずです。

 

 

活字>電子書籍

 

最近は電子の読み物が増えており、論文に載っていたのですが活字の方が画面の文字よりも脳への沈着率が高い。

 

ダイアモンド社の記事

 

真実かわかりませんが、事実僕も紙の方が覚えやすいイメージがあります。

なので読むのであれば紙がおすすめです。

電子書籍は手軽に持ち運び可能、どこでも読めるというメリットはあるんですけどね、自分は読み物は紙派ですね。

 

どれだけ技術が発達しても、手帳も死ぬまで紙かもしれません。

読むべき本とは?

は無数にありますが、どれを読んだらいいのでしょうか?

最近は短いスパンで質の低いが大量に発行されています。

早かろう、悪かろうの時代になってます。

そこは一旦おいておきますがどう言ったを手に取るべきなのか、私的な見解に基づきお話します。

 

自己啓発本に書いてあること

 

で、ここから本の中身に入っていきたいんですけど

自己啓発本って知ってますか?

 

読んで字の如く、自分を啓発するですね。簡単に言えば意識や考え方を変えるための本です。

 

自分も昔は好きでした。

「あ!これいい!!」と思った時手に取るのは大概の場合、自己啓発本でした。

 

けれどもあれらの類のって抽象的なことばかり書いてあり、実質的な部分が全く書いていないです。しかも一瞬だけやる気を与えてくれるという点においてエナジードリンクとなんら大差ありません。

 

 

多くの人は読んでも忘れているので。(実際の自分も急上昇したのち翌日になればフェードアウトしてました)

 

で、自己啓発本を読み漁ってきた、自分に言わせると

 

結局やるしかない

 

この一言に尽きると思います。何か一押しをもらうためにそういう類の本を買っていたのかなと思うようになりました。でも結局自分を変えるのは自分しかいない。だったら行動起こすしかなくない?

 

と思うようになり、今はそう言った類のは極力買わなくなりました。

 

一時的には心地いいんですけどね。行動しなければ、結局本買う前となんら変わっていない現状に歯がゆさを覚えると思います。

 

気になったら買おう。

 

で、最終的なの選び方ですが。

 

「これ、読みたいな」

 

と思えるものを買う!!

直感に従うのが良いと思います。

 

めっちゃ適当に言っちゃった〜

 

でもそれが真理です。

 

飽き性の自分は基本的にどんなことでも知りたいので興味があれば手を出します。

 

多くの人が興味のないことまで、手を出しがちです。

なので良くわからない点もありますが、自分が気になると思ったものについて知識をつけたり学んでいくのが正解法ではないでしょうか?

 

仕事と同じで

 

興味のないものはモチベーションが落ちて

 

継続できないですからね。

 

それよりも集中して、一気に読めて自分の今後に活かせる本の方が絶対にいいですよね?

 

 

まとめ

 

・自分が本を読むようになった背景

友達、るってぃさん、経験から

→読むべき!→読もう!!

 

・本の選び方

1. 自己啓発本に書いてあることは大概

   行動しろ!!

の一言で収まる。

 

2.  好きな本を手にとってモチベキープで脳みそに焼き目残そ〜

 

まとめるとこんな感じですかね。

読書離れが進んでいく中で、本読んてみたら?という提案でした。

 

youtubeの時間30分でも回せれば30❌30で15h

一月に本読める時間は確保できます。

 

で、最後に。

 

こんな感じで読んだ本をアウトプットできると、もっと良いと思う。

 

自分のOutputの場になるし、他の人の勉強にもなるし、どういうツイートが読まれやすいのか、ブログ記事に引用できたり、と。

 

めちゃんこお得な使い方ができる。

 

できる人はやってみよ〜

 

 

 

 

おすすめの記事